元気に働くために健康的な体づくりを始めよう

婦人に関することは 婦人科で相談しよう

産婦人科について

かかる金額はどれくらいなのでしょう

産婦人科に通院するといっても人により理由は様々です。通院する人の多くが妊娠、出産のための通院であると思いますが、他には不妊治療、女性器の疾患、検査などがあげられます。 それでは、産婦人科に通院する中で一番多い妊娠、出産にかかる金額はどのくらいなのでしょうか。 まず、妊娠、出産は病気ではないため、健康保険の適応外になっています。出産までの妊娠検査にかかる金額は、地域の助成券があるとはいえ、1回に5000円ほどかかります。その他の血液検査などの特別な検査にもその都度、金額が発生します。 そして妊娠、出産に一番費用がかかるのが、入院、出産費用です。平均すると30〜40万。個室希望などはこれに上乗せされていきます。産婦人科への支払いは出産一時金があるとはいえ、かなりの金額を用意しておく必要があります。

産婦人科の昔と今についてみてみましょう

今では出産するためには、産婦人科や助産院などが当たり前の世の中になっていますが、以前はどうだったのでしょうか。産婦人科の歴史をみてみましょう。 産婦人科は、もとは、帝王切開や女性器の疾患を扱うものでした。日本では産婆が出産をとりあつかっていたのです。 現在は、少子化といえども、産婦人科は足りておらず、出産の予約も早くに行わなければとれなくなってしまいます。以前は産むための科でしたが、今では産婦人科にもいろいろなサービスがつけられています。三度の食事のレベルをあげたり、おやつまでついていたり、産後のマッサージやアロマテラピーを取り入れたり、いろいろな方法を用いて出産後に快適に過ごせるかを考えているのです。