元気に働くために健康的な体づくりを始めよう

婦人に関することは 婦人科で相談しよう

妊婦の栄養と摂取量

摂取量に気をつけ栄養補助食品を取り入れる

妊娠中には普段よりも必要となってくる栄養素がたくさんあります。 赤ちゃんと母体のために積極的に取り入れていかなければなりません。 カルシウムや鉄分などはとくに必要になってきます。しかし妊娠初期などはつわりなどによりなかなか普通の食事でさえ食べれなくなる妊婦さんも多いです。 そのような時は栄養補助食品のサプリメントなども上手に取り入れていくのが良いです。 無理をしてしんどい時に食事をするのはストレスになってしまい精神的にも良くありません。 栄養補助食品は摂取量を気をつけて上手に取り入れる必要があります。 もちろん過剰摂取はよくありません。 サプリメントだけでなく、クッキーなどのお菓子に鉄分をたっぷり含ませたものもありますので、 たまにはおやつに良いでしょう。

お医者さんに相談しながら摂取するものを決めるのが良いです

栄養補助食品の種類はたくさんありますので、 妊婦さんもだけで判断するのではなくお医者さんに相談しながら取り入れるのが一番良いでしょう。 極端に不足していると、妊婦中はすぐに貧血になる可能性もありますので、薬を処方してもらったり点滴を する必要があったりします。 赤ちゃんは小さくてもすごい勢いで必要な栄養を 吸収していきます。 そして血液や骨などを作るのにとても必要になります。 安定期を迎えて食欲も出てきたら、本来の食品の栄養素を食事で積極的に取り入れましょう。 カツオやまぐろ、レバーやしじみ、ほうれん草などたくさん種類もあります。レパートリーを増やしながら家族の方もみんなで妊婦さんの食事をサポートしてあげるのが一番良いでしょう。