元気に働くために健康的な体づくりを始めよう

婦人に関することは 婦人科で相談しよう

妊活を助けるサプリ

妊活の変遷などについて

日本にはかつて結婚適齢期と言うものがありました。25歳前後を目処に結婚し、妊娠出産するのが理想的であると考えられていたのです。高度成長期直後は女性の社会進出が認められるようになったものの、定年まで働き続ける女性は少なく、結婚を機に寿退社するのが一般的だったのです。結婚年齢も若く、子宮や卵子、精子も若く活発であったため、特別妊娠のための活動をしなくても多くの人が妊娠し、出産をして子供をもうけていたのです。しかし時代が流れ女性の社会進出が目覚ましくなり、仕事にまい進する余り結婚が二の次になる傾向になってきたのです。自ずと結婚適齢期も高まり、現代では40代を目前に結婚する人も珍しくありません。しかし子宮や卵子、精子なども体と同様老化をみせ、妊娠が難しくなり、妊娠のための妊活をしなければいけない時代になっているのです。

葉酸サプリの今後の動向

妊活とは子宮や胎盤の状態を整え、受精や着床に導きやすい環境を整えることを指すのです。かつてこうした妊活は婦人科などを受診して不妊治療を受け妊活しなければいけないものでした。不妊治療には何百万円の費用がかかり、家計を圧迫したのは言うまでもありません。しかし最近では妊活には葉酸サプリメントなどが有効であることがわかってきたのです。厚生労働省も妊娠を促進するためには葉酸摂取が必要と提唱しており、葉酸サプリメントを習慣化することで妊娠しやすい体質を作り上げることが可能なのです。不妊治療とは違い、一瓶数千円で購入でき、タブレットを一日数回飲むだけで妊活することができるのです。葉酸サプリメントには受精や着床を促進するだけでなく、奇形児の出産抑制などの効果なども期待できるのです。そのため今後は年齢に関係なく妊娠を考えている人により多く葉酸サプリメントが愛飲されていくことが予測できるのです。これを飲むことで健康な胎児を妊娠できるのであれば容易い事だと言えるのです。